HOME English
一般社団法人 日本鉄リサイクル工業会 − Japan Iron Steel Recycling Institute
会員ページ 入会案内
 
設立目的〜入会案内
本部・支部の連絡先
定款
業務及び財務に関する資料
電子公告(貸借対照表)
役員名簿

日本鉄リサイクル工業会について

設立目的・沿革

1.沿 革
本会は、鉄スクラップ専門業者と商社によって、1975年7月1日、社団法人として通商産業大臣の許可を受けて(社)日本鉄屑工業会の名称で設立、1976年5月15日行政管理庁より鉄スクラップ加工処理業(製造業)として認定されました。
その後1991年7月3日(社)日本鉄リサイクル工業会と名称変更しました。
会員は正会員741社(専業725、商社15、海外1)、登録事業所182事業所(専業145、商社37)、賛助会員60事業所で構成されています。(2016年11月末現在)
当工業会は、発足以来地球環境問題を重要視し、時代の変遷に速やかに対応しながら、リサイクル活動を通じて社会に貢献しています。
2012年4月、政府による公益法人制度改革に伴い一般社団法人へ移行いたしました。

2.目的・事業
本会は、鉄スクラップの加工処理および卸売にかかる企業の事業活動にともなう廃棄物の処理および公害の防止、再資源化、経営技術の近代化に関する研究および普及啓発等を行うことにより、鉄スクラップの安定的な供給の確保に努め、わが国の経済の安定的発展と豊かな国民生活に寄与することを目的としています。

「国と特に密接な関係がある」特例民法法人への該当性について(公表)

組織図

組織図

主な活動

1. 業界に関するデータの収集と整理
業界に関するさまざまなデータの収集、整理、分析、保管、またそれらの情報の提供等を行います。

2.関係各方面との折衝
業界を代表し、官公庁や関連団体との折衝にあたります。最近では、鉄鋼関係のみならず、産業廃棄物関係や自動車・家電などの一般メーカーなどとも交流をはかっています。

3.業界の業務改善
業界の近代化促進、ソフト・ハード両面の技術向上、環境保全および労務問題等にかかわる研究・情報提供を行っています。
●「鉄リサイクル事業のマニュアルブック」の発行
●「各種ポスター」の配布

4.広報活動
鉄リサイクル事業の社会的アピールの推進、また本部、各支部および各委員会活動について会員へ報告等を行っています。
●「鉄リサイクルニュース」(年間3回)の発行

5.災害共済会
会員向けに「施設賠償責任保険」「労働災害総合保険」等の損害保険を取り扱っています。

6.金属リサイクル伝票
廃掃法上専ら物(専ら再生利用の目的となる廃棄物)として指定されている金属くずの再生利用を証明する金属リサイクル伝票を会員向けに販売しています。なお、金属くずであっても特定の法律等でその扱いが厳密に決められているもの(例えば廃自動車、廃家電の一部等)には金属リサイクル伝票は使用できません。


入会案内
当会に入会を希望される事業所の方は、所定の「入会申込書」及び「会社概要表」を管轄の支部(部会)へご提出いただきます。入会金は50,000円、年額会費は会費に関する規則に基づき算定されます。他に「賛助会員」の制度もございます。
入会手続き方法など詳細につきましては、本部または支部事務局までお問い合わせください。 入会申込書及び会社概要表はこちらをクリックすることにより入手可能です。
賛助会員入会申込書及び会社概要表はこちら(賛助)をクリックしてください。
▲ページの一番上へ