HOME English
一般社団法人 日本鉄リサイクル工業会 − Japan Iron Steel Recycling Institute
会員ページ 入会案内
 
国内の動向
  • 平成31年
  • 平成30年
  • 平成29年
  • 平成28年
  • 平成27年
  • 平成26年
  • 平成25年
  • 平成24年
  • 平成23年
  • 平成22年
  • 平成21年
  • 平成20年
  • 平成19年
  • 平成18年
  • 平成17年
  • 平成16年
  • 平成15年
  • 平成14年
  • 平成13年
  • 平成12年
海外の動向
  • 平成31年
  • 平成30年
  • 平成29年
  • 平成28年
  • 平成27年
  • 平成26年
  • 平成25年
  • 平成24年
  • 平成23年
  • 平成22年
  • 平成21年
  • 平成20年
  • 平成19年
  • 平成18年
  • 平成17年
  • 平成16年
  • 平成15年
  • 平成14年
  • 平成13年
  • 平成12年
価格推移表
  • 平成31年
  • 平成30年
  • 平成29年
  • 平成28年
  • 平成27年
  • 平成26年
  • 平成25年
  • 平成24年
  • 平成23年
  • 平成22年
  • 平成21年
  • 平成20年
  • 平成19年
  • 平成18年
  • 平成17年
  • 平成16年
  • 平成15年
 

マーケット情報

国内の動向

           
  06/03 05/07 04/01 03/01 02/01

(市況報告) − 2019年6月3日

T.市況報告

史上初めての10連休となったゴールデンウィークが明けた5月の国内鉄スクラップ相場は、前月の下落基調を引き継ぐ格好で月前半に500〜1,000円続落したが、月末にかけては様子見横ばい推移した。5月末時点のH2炉前価格は関東が前月比¥500安の@¥28,500〜29,500、関西が同¥500〜1,000安の@¥30,000〜30,500を形成している。
世界的には米中貿易摩擦の激化や中国の景気減速に対する懸念、トルコ・リラの下落などが鉄スクラップ相場に影を落とした。日本の輸出相場も軟調な展開となり、韓国向け輸出FOB価格は@¥30,000円と前月比¥1,000下がった。
一方で、米国政府がトルコからの鋼材輸入に対する関税の50%から25%への引き下げを発表すると、トルコ向け欧米スクラップ成約価格が約$20反発したほか、鉄鉱石スポット価格は5年ぶりに$100を突破しており、国内相場は値戻しへの期待感を緩やかに高めながら越月している。


U. 鉄鋼諸指標 (資料:日本鉄源協会 ただしスクラップ輸出価格はヒアリングベースの独自数字)

(1) 生産・在庫(2019年4月) (単位:千トン)
 粗 鋼 生 産 8,647 前月比 −437
 うち電炉 2,157 前月比 −145
 メーカースクラップ在庫
(2019年3月)
3,214 前月比 + 36
 小 棒 生 産   720 前月比 − 45

(2)価格(2019年5月) (月平均価格、東京・中部・関西三地区平均) (単位:円)
 異 形 棒 鋼 71,300 前月比 +/−   0
 H 形 鋼 88,000 前月比 +/−   0
 スクラップ 28,700 前月比 − 2,300


V.鉄スクラップ市況 (2019年5月末、H2 ベ−ス メーカー炉前価格、実勢値)

資料:日刊市况通信社 (単位:千円)
  月 初 月 末 入荷状況(%) 見 込
北海道 27.5〜29.5 27.0〜29.0 100% 様子見
東北 26.5〜28.5 26.0〜28.0 100% 様子見
新潟 28.0〜29.0 28.0〜29.0 100% 様子見
関東 28.5〜29.5 28.5〜29.5 100% 様子見
中部 30.0〜31.0 29.0〜30.0 100% 弱含み様子見
関西 30.5〜31.5 30.0〜31.0 100%強 弱含み様子見
姫路 30.5〜31.0 29.5〜30.5 100%強 弱含み様子見
中・四国 30.0中心 29.5中心 100%弱 様子見
九州 31.0中心 30.5中心 100% 様子見

 

▲ページの一番上へ

(市況報告) − 2019年5月7日

T.市況報告

3月下旬に天井感が台頭した国内鉄スクラップ相場は、4月に入ると下げに転じた。大型連休に向かって大幅な下落が予想されにくい環境にあった為、想定外とも言える急落がマーケットに与えた影響は大きかった。月末のH2価格は、関東地区が@¥28,500〜29,500、関西地区で@¥30,500〜31,500と共に先月末比@¥3,000〜4,000下落している。また、今回は、新断、HSの上級品種の値下げ幅がH2を上回っていることも特徴として挙げられる
国際市況も、欧米、アジア共全般的に下落が認められ、米国産のトルコ向け価格が一時No1HMSで@$306CFRと1か月で約@$20下がった他、米国内のコンポジット価格も@$295と@$20以上の下落が認められる。日本産の韓国向けH2の直近の成約価格は@¥31,000FOBと伝えられ、3月末より@¥3,000低いレベルとなっている。
国内外で、下げ一色のマーケット状況となっているが、最終週を迎え関東湾岸では輸出向けの船積みが増加しており、FAS価格が下げ渋りから一部値上げもある模様で連休明けの相場は注意を要する。


U. 鉄鋼諸指標 (資料:日本鉄源協会 ただしスクラップ輸出価格はヒアリングベースの独自数字)

(1) 生産・在庫(2019年3月) (単位:千トン)
 粗 鋼 生 産 9,084 前月比 +1,341
 うち電炉 2,302 前月比 +  231
 メーカースクラップ在庫
(2019年2月)
3,178 前月比 −    3
 小 棒 生 産   765 前月比 +   78

(2)価格(2019年4月) (月平均価格、東京・中部・関西三地区平均) (単位:円)
 異 形 棒 鋼 71,300 前月比 +/− 0
 H 形 鋼 88,000 前月比 +/− 0
 スクラップ 31,000 前月比 − 500


V.鉄スクラップ市況 (2019年4月末、H2 ベ−ス メーカー炉前価格、実勢値)

資料:日刊市况通信社 (単位:千円)
  月 初 月 末 入荷状況(%) 見 込
北海道 31.0〜32.5 27.5〜29.5 100% 弱含み様子見
東北 30.0〜32.0 26.5〜28.5 100%強 弱含み様子見
新潟 31.5〜32.5 28.0〜29.0 100% 弱含み様子見
関東 32.5〜33.5 28.5〜29.5 100% 様子見
中部 34.0〜35.0 30.0〜31.0 100%強 弱含み様子見
関西 33.5〜34.5 30.5〜31.5 100%強 様子見
姫路 34.0〜34.5 30.5〜31.0 100%強 様子見
中・四国 33.5中心 30.0中心 100%弱 様子見
九州 35.0中心 31.0中心 100%強 様子見

 

▲ページの一番上へ

(市況報告) − 2019年4月1日

T.市況報告

3月の国内鉄スクラップ相場は続伸した。2月の勢いを引き継ぐ形で上旬から中旬にかけて強基調を保ち、国内市況は各地で¥1,000〜2,000一段と上昇した。月末時点のH2炉前価格は関東が@¥32,500〜33,500、関西が@¥33,500〜34,500を形成し、ともに昨年11月以来4ヵ月ぶりの高値を回復している。年度末環境やゴールデンウィークへ向けた先作りを背景に国内電炉メーカーの生産は高水準を保ち、堅調な内需が市況を押し上げた。
2月に一時的に軟化した海外相場も再び上昇へ転じている。米国ではコンポジット価格が前月比$20高の$318.33と4ヵ月ぶりに反発し、米国産No.1HMSの韓国向け成約価格は$350(CFR)へ切り上がった。
それらと並行して輸出相場も月前半は強含みで推移した。だが日本産スクラップ価格の割高感が障害となり新規商談が難航すると、国内相場にも徐々に頭打ち感が台頭し、月末には関東で小幅に反落した。国内鉄スクラップ相場では10連休の大型連休へ向けて強気な見方が根強い半面、高値警戒感も交錯しており、先行き不安定感を漂わせながら新年度を迎えている。


U. 鉄鋼諸指標 (資料:日本鉄源協会 ただしスクラップ輸出価格はヒアリングベースの独自数字)

(1) 生産・在庫(2019年2月) (単位:千トン)
 粗 鋼 生 産 7,743 前月比 −398
 うち電炉 2,071 前月比 + 59
 メーカースクラップ在庫
(2019年1月)
3,181 前月比 − 18
 小 棒 生 産   687 前月比 + 13

(2)価格(2019年3月) (月平均価格、東京・中部・関西三地区平均) (単位:円)
 異 形 棒 鋼 71,300 前月比 +/− 0
 H 形 鋼 88,000 前月比 +/− 0
 スクラップ 31,500 前月比 + 2,800


V.鉄スクラップ市況 (2019年3月末、H2 ベ−ス メーカー炉前価格、実勢値)

資料:日刊市况通信社 (単位:千円)
  月 初 月 末 入荷状況(%) 見 込
北海道 30.0〜31.0 31.0〜32.5 100% 様子見
東北 30.0〜31.5 30.0〜32.0 100% 様子見
新潟 31.0〜32.0 31.5〜32.5 100% 値下がり
関東 31.5〜32.5 32.5〜33.5 100% 高値修正
中部 31.5〜32.5 34.0〜35.0 100%弱 様子見
関西 32.0〜33.0 33.5〜34.5 100% 様子見
姫路 31.5〜32.0 34.0〜34.5 100% 様子見
中・四国 31.0中心 33.5中心 100%弱 様子見
九州 33.5中心 35.0中心 100%強 様子見

 

▲ページの一番上へ

(市況報告) − 平成31年3月1日

T.市況報告

国内のH2価格は、1月中・下旬に横這いに転じた後、2月に入り主として海外からの高値引き合いに呼応する形で上昇に転じ、全国的に4〜5回の値上げが行われ、月末価格は関東がH2で@¥31,500〜32,500、関西が@¥32,000〜33,000と前月末比@¥3,000程度値上がりしている。
海外では、トルコで米国産のNo1HMSが1月の底値@$278CFRが1か月で$50以上急騰し@$333になったのをはじめ、ベトナムも2月中旬に米国産で@$340CFRの成約が聞かれるなど世界的に価格上昇が認められた。この為、日本産のH2もベトナム、さらにはコンテナー品が値上がりした台湾向けにも高値で成約され、関東鉄源協同組合が2月13日に実施した共同入札価格は前月比約@¥3,000高い、平均@¥31,885FASと半年振りに値上がりした。
この上昇の背景には、ブラジルの鉄鉱石鉱山ヴァーレ社のダム事故による鉄鉱石の値上がりや鋼材価格の上昇があるとされているが、下旬を迎えるとトルコ、ベトナムでは既に鉄スクラップ価格の反落も伝えられるなど、値動きが激しい展開となっている。
日本国内の電炉粗鋼生産は依然好調を維持しており、鉄スクラップ需要も堅調推移が見込まれることから先行き相場は硬軟双方の見方が混在している。


U. 鉄鋼諸指標 (資料:日本鉄源協会 ただしスクラップ輸出価格はヒアリングベースの独自数字)

(1) 生産・在庫(2019年1月) (単位:千トン)
 粗 鋼 生 産 8,141 前月比 −326
 うち電炉 2,012 前月比 −167
 メーカースクラップ在庫
(2018年12月)
3,199 前月比 + 57
 小 棒 生 産   674 前月比 − 30

(2)価格(2019年2月) (月平均価格、東京・中部・関西三地区平均) (単位:円)
 異 形 棒 鋼 71,300 前月比 +/− 0
 H 形 鋼 88,000 前月比 +/− 0
 スクラップ 28,700 前月比 + 500


V.鉄スクラップ市況 (2019年2月末、H2 ベ−ス メーカー炉前価格、実勢値)

資料:日刊市况通信社 (単位:千円)
  月 初 月 末 入荷状況(%) 見 込
北海道 26.0〜27.0 30.0〜31.0 100% 堅調
東北 28.5〜29.5 30.0〜31.5 100%弱 強含み
新潟 28.5〜29.5 31.0〜32.0 100%弱 強含み
関東 28.5〜29.5 31.5〜32.5 100%弱 堅調
中部 29.0〜30.0 31.5〜32.5 100%弱 強含み
関西 29.0〜30.0 32.0〜33.0 100%弱 強含み
姫路 28.5〜29.0 31.5〜32.0 100%弱 強含み
中・四国 27.5中心 31.0中心 100%弱 強含み
九州 30.5中心 33.5中心 100%弱 強含み

 

▲ページの一番上へ

(市況報告) − 平成31年2月1日

T.市況報告

1月の国内鉄スクラップ相場は年明けに一段安が進んだものの、中旬から下旬にかけては横ばい推移し、全国的に落ち着きを取り戻した。関東と関西ともに炉前価格の中心値が3万円を割り込んで以降は小動きとなり、月末時点のH2炉前渡しは関東が@¥29,000〜29,500、関西が@¥29,000〜30,000と前月末比¥500小幅に下落している。
韓国向け成約価格は日本産H2が¥28,500(FOB)、米国産No.1HMSが$302(CFR)にそれぞれ続落したものの、下押し圧力はすでに後退している。中国の鋼材価格やアジア圏のビレット価格が底打ちしたことで鉄スクラップ相場にも底値感が浮上しており、トルコ向け欧米スクラップ成約価格は早くも底値から$30反発している。
これに伴い日本産スクラップの新規輸出オファー価格も上昇へ転じており、ベトナムや台湾向け新規商談の再開が伝えられるなど、月末の輸出相場は反発局面を迎えている。国内でも今後、底堅い内需を追い風に値戻しが進むとの期待感が高まりつつある一方、3月には韓国へ米国産スクラップの大量入着が予定されるなど旧正月後の海外マーケットを不安視する声も根強く、国内相場は下げ止まり感を漂わせながらも先行き不透明感を残している。


U. 鉄鋼諸指標 (資料:日本鉄源協会 ただしスクラップ輸出価格はヒアリングベースの独自数字)

(1) 生産・在庫(2018年12月) (単位:千トン)
 粗 鋼 生 産 8,467 前月比 −191
 うち電炉 2,179 前月比 − 62
 メーカースクラップ在庫
(2018年11月)
3,142 前月比 + 95
 小 棒 生 産   704 前月比 − 40

(2)価格(2019年1月) (月平均価格、東京・中部・関西三地区平均) (単位:円)
 異 形 棒 鋼 71,300 前月比 +/−   0
 H 形 鋼 88,000 前月比 +/−   0
 スクラップ 28,200 前月比 − 1,400


V.鉄スクラップ市況 (2019年1月末、H2 ベ−ス メーカー炉前価格、実勢値)

資料:日刊市况通信社 (単位:千円)
  月 初 月 末 入荷状況(%) 見 込
北海道 26.5〜27.5 26.0〜27.0 100% 様子見
東北 29.0〜30.0 28.5〜29.5 100% 様子見
新潟 29.0〜30.0 28.5〜29.5 100% 軟調様子見
関東 29.5〜30.5 28.5〜29.5 100% 軟調様子見
中部 29.5〜30.5 29.0〜30.0 100% 様子見
関西 29.5〜31.0 29.0〜30.0 100% 様子見
姫路 28.5〜29.0 28.5〜29.0 100% 様子見
中・四国 28.0中心 27.5中心 100% 様子見
九州 31.0中心 30.5中心 100% 様子見

 

▲ページの一番上へ